HOME » 注文住宅の基礎知識

注文住宅の基礎知識

注文住宅を建てるには、業者を信用してすべてお任せするということも考えられるのですが、自分の家なので、やはり諸々の知識は最低限、頭の中に入れておきたいもの。どのようなものがあるのでしょうか。

注文住宅を建てるのに必要な基礎知識とは

注文住宅の入居から完成までの流れ

注文住宅を建てる前に決めておきたい予算。また、それに基づいてどのような家にするのか?というイメージを固める事も必要となります。ですが、段取りをしっかりと組んでおかなければ、いつまで経っても理想の家は建てられません。では、どのくらいの期間で何を決めておけば良いのでしょうか。以下では、特に初めて注文住宅を建てるという方に役立つ、注文住宅を建てる流れと入居までの期間について、やらなければならない事を順を追って解説していています。

注文住宅の入居から完成までの流れ

筑豊エリアで家を建てるなら、注文住宅?建売住宅?

新しく家を購入する場合、注文住宅にするか建売住宅にするか迷うところです。どちらにも一長一短がありますから、注文住宅と建売住宅のそれぞれのメリット・デメリットを見ていきます。家は、一生で一番大きなお買い物になりますから、じっくり選んで購入したいですよね。

注文住宅と建売住宅のそれぞれのメリット・デメリット

工務店とハウスメーカーの違いとは

注文住宅を建てるには、土地探し、土地購入、設計、施工、完成まで、工程がたくさんあります。

工程が複雑であるだけに、実際に家が完成した時には、はじめに自分の思っていた家とイメージが違うというトラブルもあります。そのため、注文住宅を購入する時、大手ハウスメーカーに依頼するか、地元の工務店に依頼するかで悩まれる方も多いでしょう。

ここではハウスメーカーと工務店の違い、それぞれのメリット・デメリットを比較してみます。自分の思い通りに家を建てるための参考にしてください。

工務店とハウスメーカーの違いとは

注文住宅のローンについて

注文住宅を建てる時に住宅ローンを組む方も多いでしょうが、すでに完成された建売住宅を購入する場合とは違って、注文住宅は、土地購入、請負契約時や着工時、中間費用、建物引き渡し時など、支払いのタイミングが多くなります。しかも、建物完成前に、土地代および建物代の6~7割の支払が発生するので注意が必要です。

ここでは注文住宅を建てる時にかかる諸費用の種類とローンの種類など、ローンを申し込む前に知っておくべきポイントをまとめました。人生で最大の買い物・マイホームを自分の納得のいったものにできるかは、お金のかけ方で変わります。ぜひ参考にしてください。

注文住宅のローンについて

耐震住宅のメリット・デメリットと選び方

耐震住宅は地震に強いだけではありません。実は強風を伴う台風にも優れた性能を発揮します。

日本は地震が発生しやすい国であり、筑豊エリアでもいつ地震が起こるか分かりません。耐震住宅のメリット・デメリットを学び、正しい耐震住宅の選び方を知ることで、より自然災害に強い住宅を実現することができます。ぜひ、注文住宅選びの参考にしてみてください。

注文住宅の耐震性能について

注文住宅の無垢材選びで覚えておくべきポイント

断熱性と調湿性に優れた無垢材は、健康的な住宅を実現します。また、住めば住むほど色合いや風味が変わる経年変化が楽しめるのもひとつの魅力です。

しかし、無垢材の選び方や手入れの仕方を知らないとせっかく無垢材をふんだんに使用した住まいも、魅力が半減してしまいます。そうならないためにも、この記事を読んで無垢材の特徴やメリット・デメリット、シミや汚れの対処法をしっかりと学ぶべきです。ぜひ理想のマイホーム実現のための参考にしてください。

注文住宅の無垢材について

家の快適性は断熱材でアップする

断熱材と一口に言っても、少なくとも7種類はあります。ここでは、基本の7種類の断熱材について紹介し、それぞれの特徴を見てみます。優れた断熱材は、理想の住まいを手に入れるために重要視すべき快適性と健康的空間を実現。

しかし、断熱材の特徴や断熱工法の種類について知らないと、せっかくコストを掛けて断熱材を組み込んだのに、断熱性能が低い住宅が完成してしまう可能性もあります。断熱材の基礎を学び、外気の遮断と室内の暖かさが逃げにくい環境を実現しましょう。

注文住宅の断熱材について