HOME » 注文住宅の基礎知識 » 注文住宅と建売住宅のそれぞれのメリット・デメリット

注文住宅と建売住宅のそれぞれのメリット・デメリット

これから一戸建て住宅を購入する方へ向け、注文住宅と建売住宅それぞれのメリット・デメリットを解説します。

注文住宅とは?

建築士事務所やハウスメーカーに設計を頼み、施工会社が建築する住宅で、自分の希望をしっかり「注文」できる住宅のことです。ハウスメーカーが設計から施工まで全部してくれる場合もありますし、建築事務所が設計し、施工会社の管理までしてもらえる方法もあります。

注文住宅のメリット

注文住宅は建築基準法に反しない限り、間取り・外観・内装・設備など、自分の住みたい家を自由にデザインできることです。壁紙や屋根の色、外壁などを選んでいく楽しみがあります。そのため、ご自分のライフスタイルや家族構成にぴったりの家が作れるのが最大のメリットでしょう。

そして、設計してから建築するので、建築のプロセスをじっくりチェックできます。断熱材や防水シートなども素材により、耐久性がずいぶん違います。筑豊地方は、温暖で過ごしやすい地域ですが、筑後平野は内陸性の気候で、1日の温度差も激しいため、断熱材のクォリティーのチェックは特に大事なポイントになります。

注文住宅のデメリット

土地探しから始めると、土地購入、ハウスメーカーなどの選択と工程がかなりあり、時間がかかるのがデメリットです。そして、図面を引いて、設計し、建築に使う資材はサンプルを見て決めるので、イメージがかなり難しく、自分の思っていた住宅と違うという場合もあります。

建売住宅とは?

建売住宅というのは、すでに建築された状態で販売される住宅です。分譲住宅も建売住宅の1種類といえます。それでは、建売住宅のメリットとデメリットを見ていきましょう。

建売住宅のメリット

価格が抑えられる

分譲住宅は分譲住宅地に同じスタイルの家を同時に建造するために、大量に資材を購入し、費用を抑えているため、比較的安価です。

購入前に内装などが見られる

建売住宅は、できあがっている実物を実際に見て購入できるというメリットもあります。ご自分で購入する物件が、まだ、できていなくても、すでに建築済みの物件を見て、確認ができます。見取り図では、もう少し広いはずだったのにできてみると小さかったということがありません。

新しい家に入るまでの時間の節約

すでに造られた物件の購入になるので、土地を探したり、設計を頼んだりという過程がないため、時間短縮になります。すぐにでも引っ越したい場合にはとても便利。

建売住宅のデメリット

すでに設計された住宅ですから、自由度はほとんどありません。建築前でしたら、クローゼットを多くしたり少なくしたりする程度の変更は可能です。

完成している物件の場合、建築過程を見られないので、クォリティーのチェックが難しいことも事実です。断熱材や防水シートにどのようなものが使われているか、防水システムに不備はないかなど、外壁の内部にまでは、目が行き届きません。結果、※欠陥住宅であることが後でわかって、裁判などになる場合もあります。

建売住宅に欲しい設備が不足している場合、後から作ると意外と高くつく場合もあります。例えば車庫がない、塀がない、あるが低いので高くしたいなど、後から業者に頼んで作ると別払いになるため、せっかく安い価格で購入した建売住宅が高価なものになる場合もあるので最初にきちんと計画を立てましょう。

独立行政法人国民生活センター:欠陥建売住宅を購入した者に対する建築士の責任

ずっと住む家だから

注文住宅と建売住宅のメリット・デメリットを見てきました。建売住宅はリーズナブルではありますが、長い目で見ると、やはり自分のライフスタイルにあった注文住宅が、何年経っても満足度が高くなるようです。筑豊エリアで注文住宅や建売住宅の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。