HOME » 福岡で注文住宅を建てる際に役立つ3つのポイント » 優遇税制として家の購入の際に関連するものを解説

優遇税制として家の購入の際に関連するものを解説

《画像の説明》

筑豊で住宅を購入するにあたって、事前に知っておいていただきたい優遇税制というのがあります。

これは住宅を新築で購入する際に税金が減る制度のことですが、期限が決まっているものもあります。いつ建築するかの検討する際の参考にしていただければと思います。

筑豊の新築で受けられる優遇税制の種類

住宅借入金等特別控除

返済期間が10年以上の住宅ローンの融資を受けた場合の不動産所得税が減るというものです。2021年までに自分が住むために新築住宅を建てた場合に適用され、2020年分まで条件に該当すれば毎年続けて税金が控除してもらうことができるのです。

住宅ローンの年末時点での残高の合計額をもとに計算され、この計算方法は控除となっている年数や新築の住宅によっても異なります。さらに二酸化炭素排出を少ないという特定条件に認定された長期優良住宅であれば控除される金額が大きくなります。

住宅資金の贈与税

親から住宅建築の資金援助を受けても贈与税がかかりません。本来ならば110万円以上のお金や財産を、家族なども含め誰かから受け取ったらそのもらった資産に対して贈与税税金がかかるのですが、その贈与税がすべて免除となります。

2020年中に住宅新築の契約をおこなった場合に対象で、住宅借入金上記の住宅ローンの控除とどちらか一方となります。

条件

  • 新築として建ててから6ヶ月以内に入居し、適用となる年の年末まで住み続けている
  • 控除を受ける年の所得金額が3,000万円以下でありローンが残っている
  • 住宅の面積が50平方メートル以上で、半分が自分が住む住宅として利用している
  • 住宅資金の贈与税の課税の特例を受けていない
  • ただし、災害などの理由で住み続けることができなくなった場合には適用対象となる場合があります。

固定資産税・都市計画税

本来土地をもっていると固定資産税、また地域によっては都市計画税がかかることになりますが、床面積50㎡以上280㎡以下の新築であれば市区町村の課税課に申請することで購入から3年は半分となります。二酸化炭素排出を少ないという特定条件に認定されている場合には5年へと延長されます。

登録免許税

土地を購入したり土地に新築を建てると登記という、この土地や住宅は誰のものか、ということを法務局に記録する必要があるのですが、土地と新築の登記でそれぞれ税金が発生します。

それが登記する際に住宅用家屋証明書という書面の提出をすることで、土地ならば2018年、新築の建物は2019年の3月31日までに登記へ記録された場合に税金が少なくなります。土地であれば2%が0.5%、新築なら0.4%が0.25%と減税されます。

印紙税

2020年3月31日までに印紙税が減るものです。

印紙税とは、建設工事請負契約書、つまり新築を建てるときの工事を依頼するときの書面の金額が100万円を超える場合に、印紙の購入として税金を支払います。

その工事の金額により印紙の金額が異なっており、例えば300万円を超えて500万円以下であれば2千円のものは千円になるなど、2割から5割の減税となります。