HOME » 鞍手町で理想の注文住宅を建てるために » 鞍手町で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント

鞍手町で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント

鞍手町で注文住宅を建てる前に、まずこの町の住みやすさをチェックしてみましょう。

鞍手町は福岡県の北西、鞍手群に属した面積35.58キロ平方メートル、人口約16000人の町。

町の東には遠賀川が流れており、自然豊かな町です。

鞍手町の立地、交通

立地

鞍手町は福岡県の中心地となる福岡市から約60キロ離れた距離にありますが、実は政令指定都市の北九州市に近い町です。

かつては炭鉱で賑わいましたが、炭鉱は閉鎖した現在では自動車などの製造関連の工業都市として発展しています。

工業以外にはぶどう栽培が盛んで、シーズン中にはファミリーでぶどう狩りを楽しむ方も多くいらっしゃいます。

また町内には歴史的に貴重な仏像や、縄文時代のものと言われている県指定の貝塚なども発見されているため、歴史や遺跡好きにはたまらないエリアといえます。

大谷自然公園には遊歩道やキレイな水路があり、キャンプやアスレチックもできるので大人から子どもまで時間を忘れて楽しめるでしょう。

交通

町内には「鞍手駅」があり、JR筑後本線が乗り入れしています。北九州市の小倉までは電車で約40分と大都市へのアクセスが非常にしやすく、通勤や通学などに便利な町といえます。

鞍手インターチェンジから九州自動車道が利用できるため、車でのアクセス環境も良好。バス路線も多く整備されているため、車を所有していない方でも近隣の市や町などへのお出かけがスムーズにできます。

さらに福岡空港からはアジアの主要都市へ直接渡航できる国際便が出ています。鞍手駅から福岡空港まで電車で向かうと約1時間20分。乗り換えなしで空港まで行けるので、移動時間を考えると3時間から4時間程度でアジア主要都市へ出かけることも可能です。

アジアへの出張が多い方、旅行を楽しまれることが多い方は鞍手町に住んでみるのおすすめです。